アリー戦記

ヒマラヤンとその下僕たちw
<< 中皮腫、佳境編! | TOP | お葬式は人生最大のイベント! >>
中皮腫、最終回!!
ヨモヤマゴト @ 2011.04.21 Thursday 17:39
JUGEMテーマ:日記・一般

 4月13日、朝からいいお天気でした。
 陽気に誘われ桜もほぼ満開、親父の病室からも山手の幼稚園の桜が桜色に咲き染まっていました。

 午後3時3分、父 臨終。

 朝、宇部から妹が娘たちを連れて帰省、昼には大阪から叔父夫妻が帰省、病室に入りきらない程の家族に看取られての最期でした。
 個人病室に移ってから2〜3日は容態もよかったのですが、次第に身体の機能が低下、嚥下困難を起こす恐れがあったので栄養は点滴で投与。
 亡くなる前日の朝は会社に向かうオレにまだ手を振る余裕があったんですが、夕方には意識が低下。
 時間を追い、加速度的に悪化する容態でしたが、よくがんばったと思います!
 今まで家族のため、地域のため、会社のために身を粉にして奮闘してきた親父、「せめて皆が揃うまで・・・」まるで家族が揃うのを待つように・・・最後まで家族のため、残る力を振り絞るように走り続けた生涯でした。
 お疲れ様。

 中皮腫は未だ有効な治療法が見つからない肺がんの一種。
 原因は吸い込んだアスベストと言われ、吸い込んだ量や期間で発症の有無が決まるわけではないそうです。
 一般のレントゲン検査や健康診断では兆候に気づく事すらできず、自覚症状が出た時にはかなりの進行具合。
 現在もアスベストを使った建物などは企業、公共施設を問わずかなり存在しており、除去に多額の費用がかかる事から手付かずのまま・・・。
 今後確実に国民病になると言われる、恐ろしくて厄介な病気です。

 写真は緋寒桜、うちの墓所に親父が植えたものです。
 華の季節に逝った親父、どんな風にこの華を見ているのだろう。

 さて、中皮腫シリーズは今回で終了!が、しかし、もう少しお付き合いの程を・・・。
 次回は親父の葬儀にからむ一連の大騒動!驚愕のその実態!!そして、オレの体力は四十九日まで持つのだろうか!!!
comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- @ 2017.03.21 Tuesday 17:39
- | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pppk.jugem.jp/trackback/592
トラックバック
2011/04/21 7:26 PM
オイラの愛したボウイが、タイヘンなことになっとります。ロック歌手の氷室京介が、東日本大震災の被災者支援のため6月11日に予定していた東京ドーム公演を急きょチャリティーイベントに変更して開催すると18日に発表したが、内容も「今歌うことで多くの人のエネルギー
奥さんGOGO!!のブログ