アリー戦記

ヒマラヤンとその下僕たちw
<< 理屈と感情 | TOP | 大阪行脚のその陰で。 >>
台風&手術手続き&葬儀! 濃密な3日間!!
ヨモヤマゴト @ 2018.09.07 Friday 13:08

JUGEMテーマ:日記・一般

 4日 台風が島根県に最接近

 5日 お袋の入院と手術の手続きに出雲医大へ! が、未明に叔父の訃報を受ける

 6日 日帰りで叔父の弔事のため大阪へ!

 とまぁ書けば簡単だが・・・大変でした。

 4日、会社から帰る頃が一番の大雨! 田の水路の堰をはるかに超える水位に「こりゃぁけっこうな事になるかも?」と思いながら消防団出動のメールを待つが・・・来ない?

 町中の親戚の様子を見てこいとお袋に言われて向かうと裏山からは水と土砂が5年前の記憶を呼び起こすかのように流れており、「うちは大丈夫だけぇー」の親戚の言葉を受け、「消防団はどうなってる?」と思いポンプ小屋に行くと数名が自主出動!

 大雨、洪水の警報が出て避難勧告が発令! しかし一行に出動はかからず・・・集合した十数名の消防団も自主的に奥地のお年寄りの様子を確認!

 雨は9時までには上がって空には星! 

 終ぞ出動はこなかったが県道にあふれた土砂を片付けよう! と、スコップ片手に土砂の撤去!

 おぅ! (先ほどの親戚の)排水溝が土砂で埋まって流れない! ではここの排水溝も片付けるぞ!!

 けっこうな汗をかいて家に帰ったのは11時頃! まぁ明日は休みを取ってお袋を出雲に連れていくから・・・ゆっくりできそう。

 が、5日未明に大阪の叔父が亡くなったと連絡が入った!

 本来ならすぐにでも向かうか、もしくは通夜〜葬儀の日程に合わせて行動する。

 しかし・・・台風21号の直撃を受けた大阪では交通網が混乱し、大規模な停電により沈黙・・・つまり葬儀会館への交通が確保できないうえに火葬ができない!

 うぅ〜む、火葬ができないってのが一番の心配事だなぁ〜!?

 とりあえずお袋を出雲の医大に連れて行き検査と入院の手続きを!

 道中の車内で携帯で電話をするも叔母にはうまくつながらず・・・葬儀となるとただでさえ何をどうしていいかわからないのに火葬ができず段取りがどうなるやら・・・。

 で、5日未明に亡くなったんですが、その日に通夜をし、翌6日早々に葬儀を家族だけで執り行ったそうです。

 オレ達も行こうと思えば医大での用事をすませ、そのまま伯備線で岡山→大阪って移動は可能なんですが、高齢のお袋にはちょいとムリ!

 不義理ですが6日の葬儀の後にでも挨拶に伺う事としました。

 うぅ〜む、台風が思わぬところで影響を出すもんだなぁ〜!?

 妹曰く「おじちゃん、死んでからもヤンチャやなぁ〜!?(笑)」

 6日、早々に浜田から高速バスと新幹線で大阪に!

 今回ばかりは500系って言っていられません。 え? 北海道で震度7!?

 大阪は何度言っても電車の乗り換えがわからない! 東京その他だとスムーズに理解できるのに、大阪は何故か理解できない。

 従兄弟に乗り換えの連絡を取りながら葬祭会館に無事到着、葬儀は終わった後ですが火葬の出棺はこの後のようです。

 御棺の中の叔父に挨拶をし、久しぶりに会う叔母さんや従兄弟たちとしばし談笑・・・亡くなった当時の様子を聞くと色々重なって大変だったようです。

 え? 真っ暗闇の中を10km歩いたの!? すごいなぁ〜!!

 隣の堺市で荼毘に付される叔父を見届けました。

 

 バタバタバタといろんな事が続いて起きた濃密な3日間でした。

 今日はなんだか朝から頭がボーッ! 今日も休みです、休もう・・・。

 

 

comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- @ 2018.12.09 Sunday 13:08
- | -
コメント
お疲れ様でした!
司令 @ 2018/09/09 7:45 AM
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://pppk.jugem.jp/trackback/1289
トラックバック