アリー戦記

ヒマラヤンとその下僕たちw
気軽に行ける世界遺産、宮島にレッツゴー!
旅行 @ 2015.11.07 Saturday 21:18
JUGEMテーマ:旅行

 行楽の秋(晩秋です)、秋=安芸 と言うわけではないですが、組合と会社の合同主催、「安芸の宮島1日バスハイク」が開催されました。
 日帰りではありますが格安で参加できます、朝8時に通用門に集合! 総員・・・16名? チョット少ない気もしますが、まぁ観光バスの座席を2列で1人、最後部は5列で1人と独占し放題!(人として辞めておきましょう) ゆとりのあるバスツアーになりそうです!(笑)
 中国道から山陽道、高速沿いの山々はすっかり紅葉しています、おぉ・・・松ノ木までもが黄色く色づいて・・・って、松は針葉樹!? どうやら松枯れのようです。
 2時間ちょっとで宮島口に到着です、ここからフェリーで宮島に渡ります。
 土曜日と言う事もあり、けっこうな人手です! 発着するフェリーはどれもいっぱいの人!!
 宮島に渡り、昼食の場所を確認したら自由散策です、宮島と言えば「カキとシカと大鳥居」!(似たような使い方に「インドと言えばヨガとカレーとレインボーマン」があります、笑)あちらこちらに普通にシカがいます!

 この時期、繁殖行動に出るためオスのシカは気性が荒くなっている場合があります、気をつけましょう!
 もしもあなたが男性で、シカと目が合って「オスの威厳を掛けて」戦おうと言うのなら止めませんが、彼らは 天然記念物 です、手を出すと法律でしょっぴかれるかもしれません!
 まぁどうしてもと言うのでしたら、個人の裁量の範囲でお願いします!(でも、ダメですよ! 笑)
 そう言えば宮島にくるのは何年ぶりでしょうか?あちこち変っています。
 人力車に和服のサービス、海沿いでは鎧の着付けサービスもやってます!
 スパッツ(2分丈ぐらいでしょうか?)の女性が腰丈の鎧を着て、太もも絶対領域を見せ付けながらの決めポーズは我々男性の下心を見事にくすぐってくれます。
 が、あなたがとったそのポーズは「○に代わっておしおきヨ」のポーズです! 年齢的に再放送の世代でしょうか!?(笑)

 フェリー乗り場から続く 表参道商店街 も、けっこうな人手です。
 宮島と言えば・・・カキ、さぁ食べ歩きますよ!
 写真は串焼きです、ソースはバター醬油をチョイス! 鉄板の上で焼かれるカキとバターと醬油、これ絶対美味しいヤツだ!!
 他にも串に刺したカキフライ(2回も食べました)、焼きガキ、ドテ焼きと言うのもありました! どれも美味しいですね!!
 商店街を流れていく人々が立ち止まって写真を撮っています、おぉ!世界一の大杓文字があります!!
 でも・・・まぁ・・・いかんせんただの大きな杓文字、ここは軽くスルーです!(笑)
 さてシカ、カキと来ればあとは大鳥居!

 豊かな瀬戸内に浮かぶ朱塗りの大鳥居、平清盛の昔から現代まで続く景色です!
 写真を撮ろうとカメラを構える私の前に十数人が人垣を作ってしまいました、広東語です・・・どうやら彼らも鳥居をバックに集合写真の模様・・・。
 私のジャマをしているどころか、彼らと彼らのカメラの間に私がはいっちゃってるんですが!(笑)
 大陸の民族は細かい事は気にしないのでしょうか? まぁ彼らの集合写真に、誰よりもアップで写る私の背中が入っていても気にならない!って言うのであれば、一度ゆっくりと杯を交わしてみたいものです!!(笑)
 この2時間後、すっかり潮が引き地続きになった大鳥居には大勢の人が群がっていました。
 ブラブラと歩きまわり、そろそろお昼時ですね! 昼食の会場に向いましょう。

 正木屋さんと言うお店です、宮島での食事と言えばカキとアナゴ、両方食べられてラッキー!
 このお店の優待券をもらいました、消費税分割引きでお土産が買えるそうです! が、もみじ饅頭意外に・・・目ぼしいお土産がありません! ここは愛想笑でごまかしましょう!!(笑)
 昼食後、集合時間まで2時間ちょっと! もみじ谷の紅葉、ロープウェイで弥山山頂ってのもいいですね! 早速向いましょう!!

 昔、弥山に登った事があります! ロープウェイの駅までこんなに歩いたかなぁ〜? 
 昨日病院で「変形性膝関節症」と診断されました、あまり歩くのはいけないそうです!(笑)けっこう勾配のキツイ坂、階段、これって絶対ヒザによくないよなぁ〜!?
 それでも周りの紅葉は心を和ましてくれます、真紅のモミジはゾッとするぐらいに! モミジの下には○○○が・・・と言うのは迷信ですのであしからず!!
 ヒザの心配をしながら登る事約15分、やっとロープウェイの駅に着きました!

 ですが・・・すごい行列です!外〜構内〜階段まで!! これは・・・乗るまでにいったいどれぐらいの時間がかかるのでしょう?
 ちょっと不安になってきました、山頂には行きたいですがここはあきらめて引き返したほうがいいかもしれません! 自分の欲求とヒザの苦労(笑)には申し訳ないですが、団体行動とは「個」を捨てる事! 私の欲求で皆の足を乱しては申し訳ない!!
 何より・・・遅れたら退職するまで言われかねません!!(笑)
 が・・・下りは上りよりもヒザへの負担が!!

 観光地に何があるか? ここ宮島には神社仏閣があります!(笑)
 写真は 千畳閣 の隣にある 五重塔 です、宮島には厳島神社を始め多くの寺院が! 宮島はこの厳島自体が信仰の対象、御神体として崇められているのです。
 世界遺産に指定されてからは各国から観光客が! って事はいろんな宗教・宗派の人が押し寄せているわけです。
 言い換えればメッカに私のような異教徒が舞い込んで好き勝手しているようなもの!(しているかどうかは解りませんが・・・)御神体である厳島はどう思っておられるのでしょう?
 と言う疑問もナッシング! 何せ日本の神様は懐が深い!深すぎる!!
 神様1人で 交通安全、家内安全、子宝成就に商売繁盛、世界平和に良縁・離縁(笑)と、これだけの事を一手に引き受けておられるので、少々違った人が来ても気になさらないでしょう!(と、しておくのが無難と言うものです)
 色々食べて土産も買って、さぁ集合時間です桟橋に向いましょう!
 え?数人帰ってこない?? 弥山山頂まで登っちゃって間に合わない!? ハッハッハ

 桟橋を離岸するフェリー、往路と復路のフェリーがすれ違います。
 何故、手を振る?(笑)
 写真には写ってませんがあっちとこっちの船で手の振り合いです、「振ってもらえた!!」と歓喜の女性、あちらの船に乗ってる人たちはアイドルでもなんでもありません!!(笑)
 SLに乗っても手を振る・・・昭和30年代のフィルムで見た光景が平成のこの時まで続いているとは・・・きっと日本人のDNAには「乗り物に乗れば手を振るように!」と刻まれているのでしょう!?(笑)
 バスに乗って17時すぎ、無事帰ってきました!
 世界遺産 安芸の宮島、世界遺産って聞くと以前は「なんだかとっつきにくいなぁ」って思っていましたが、気軽にいけるんですよねぇ〜!(我が島根県にもあります、しかも我が家から車で40分!)
 さて次はどこに行きましょう、新たな目的地にレッツらゴー!です!!(昭和のオヤジギャグです、忘れてください 笑)
comments(0) | trackbacks(0)
久々出張!お土産って案外難しい!!
旅行 @ 2014.01.26 Sunday 12:06
JUGEMテーマ:日記・一般

 1月21日、起床と朝食・・・うぅ〜んお腹が重い・・・朝飯は遠慮しましょう。
 昨夜、ホテル近くの和食やさんで接待を受けました!
 カワハギ、アジ、タイラギ貝、アサリ、アナゴ・・・いやぁ瀬戸内が魚が豊富でいいやね!?
 その後仲介の商社の方とスナックを1軒回りまして、帰ろうか・・・と思えば目の前にCOCO一番!
 「シメに!」と思い食べたカキフライカレーが思いのほかボディーに効いたようです、歳を取ると若い頃のようなムチャはできませんね!(笑)
 カゼの具合はかなりよろしいのですが、相変わらずセキだけは連発です!マスク・・・まぁ面倒くさいのでいいや!!
 仕事も無事終わり、お昼に向かったのはお世話になったメーカーさんの近くにある うどん屋あずまさん です。
 周囲は田畑や住宅が入り混じる全くフツーのロケーション!看板が無ければ見逃すところです、知っているから来られるお店、そんなうどん屋さんの讃岐うどんに遂にめぐり合う事が!!
 写真はかけうどんにちくわ天(外せませんね!)と卵天、おでんの豆腐を1丁!
 では!
 うん、美味い! しっかりと効いた出汁、控えめな味付け、「硬い」のでは無い「こし」の効いたうどん!!
 ちくわ天も卵天も熱々で・・・おっ!それは鳥天ですね!?鳥天を忘れたなぁ〜!!
 ご馳走様、至福の一杯に感謝です。
 店内はけっこうな人数ですが回転が早いので混み合うほどではありません、けど・・・やはり結構な人数ですよ!(笑)
 さて、高松駅まで送ってもらい復路に付くとしましょう!帰りもマリンライナーです。

 とは言え、今回は2階のグリーン席です!
 入り口から入って階段を上るワクワク感!どんな乗り物でも「階段を上る」ってテンションも上がりますよね!?
 往路では叶えられなかった西側の席をチョイス!その理由は・・・

 岡山から四国に入るまでは「瀬戸大橋線」、高松に行くには「予讃線」に電車は入ります。
 瀬戸大橋を渡り、四国に入ったところで瀬戸大橋線と予讃線の分岐(?)があり、線路が三つ又になっている箇所があるんですよ!
 専門用語で「なんとか」って言うんですがねぇ〜(笑)、私はマニアな鉄っちゃんではないのでよくわかりません。
 写真左が予讃線、向こうに見えるのは瀬戸大橋線、私の乗ったマリンライナーは予讃線から離れ、すでに瀬戸大橋線の手中です!
 2Fグリーン席から見下ろすと、予讃線との分岐や瀬戸大橋線本線との合流がよく見えておもしろいですよ!

 おぉ!与島PA!!
 車で四国に行くと必ずと言っていいほど降りる(笑)与島のPAです。
 瀬戸大橋から与島PAに降りるにはけっこうな勾配のスラロームだったのを憶えています!
 今回は電車からそれを見たのですが・・・あれって車が通るの?ってぐらいの巾にしか見えなかった・・・まるでジェットコースター程度のよう、ジュラシック・ライドは・・・通れるかな?
 と、2Fグリーン席からの眺めを堪能しつつ岡山駅に到着、ここからは のぞみ で広島まで!

 到着!お疲れ様でした。
 久しぶりの出張、今回はマリンライナーと言う電車を堪能する目的でした!
 加えて本場の讃岐うどんも満喫できて大満足の旅!・・・いやいや出張でした!(笑)
 ただ・・・お土産って・・・
 高松では「灸まん」と「かまど饅頭」以外は全てうどん!
 岡山では「むらすずめ」「黍団子」「坊ちゃん団子?」
 広島では「桐葉菓」と「もみじ饅頭」・・・このあたりはもう食べ馴れているし・・・って感じで・・・

 って買ったのがこれ。
 うどんは・・・まぁよしとしよう。
 しょうゆ豆も前回買って美味しかったし・・・バリィさんは・・・今治・・・(笑)
 だいたい目ざとくお土産をチョイスできる私が・・・やはりカゼの影響だろうか!?
 そう言えば徳島に友人一家が居られる、数年前におじゃましたけど「次回会う時は金比羅さんで!」って約束をしました。
 今度は仕事じゃなく、女房も連れて四国へ!金比羅さんへ!!
 レッツ、エヴリバディー 金比羅さん!!
comments(0) | trackbacks(0)
久々出張!観光のお供は『笑いの文化人講座』!!
旅行 @ 2014.01.23 Thursday 20:44
JUGEMテーマ:日記・一般

 では、指定されたホテルにチェックインするまでの時間ですが、高松駅周辺を軽く観光としゃれ込みましょう!
 くれぐれも言っておきますが、仕事です!(笑)
 写真は玉藻公園から高松駅方向を撮ったもの!
 中央の細長いのが 高松シンボルタワー です。
 その右側、カマボコを立てたようなのが JRホテルクレメント高松 です。(失礼)
 高松駅前には羅針方位を描いた広場があったり、大小の石を組んだモニュメントっぽいものが、ごく「普通」に設置してあります。
 これが・・・まぁ「普通」にあって、決して「ここは芸術の街!」って感じで主張していないところが面白い!
 指定されたホテルがある瓦町の商店街にもこういった広場が「普通」にあるんですよ!ちょっと新鮮な驚きです。
 そういえばちょっとお腹が空きました!香川と言えば「うどん県」、お昼は讃岐うどんでもいただきましょう!!

 高松駅のすぐ横にあった立ち食いうどんのお店です、オレが注文したのはぶっかけうどんにちくわ天のトッピング!
 注文してから10秒で出てきました!カーネルやドナルドもびっくりのファストフードっぷりです!!(笑)
 では、いただきます!
 うん、美味しい!麺も出汁もいい感じです!!
 立ち食いうどん故かちくわ天は作り置きで冷たかったですが、それを差し引いても評価は!!
 駅の立ち食いでこのクォリティーですから・・・うどん県、恐るべし!

 高松駅から歩いて数分のところに 史跡高松城跡 があります、現在は 玉藻公園 として市民を初め高松を訪れた人々が多く訪れます。
 その昔、高松城は城の北側で瀬戸内海と接し、三方の堀には海水を引き込み、「海に浮かぶ玉藻城」と言われていたそうです。
 写真の水手御門も当時から石段を降りればすぐに海だったようで、その名残で今でも海水が引き入れられています。
 園内には 披雲閣 や 披雲閣庭園 、屋根付きの橋 鞘橋 などがあって見る者を引き付けます!
 一枚目の写真は近年再現された天守台からのもの!石垣だけが再現されていますが、以外と石垣の断面を見た事が無いのでは?って感じでちょっと面白いです。

 天守台から瀬戸内海の方向で一枚!
 お堀の各所には「エサやり放題!」のカンバンが目につきます。
 エサやり場に近づくと水中に大きな魚の影!
 ・・・どう見ても・・・

 タイ!!(笑)
 ハッハッハッハッハ!さすがは「海に浮かぶ玉藻城」!!(笑)
 コイならぬタイがエサ欲しさにやってくる!他では(決して)見られない風景でしょう!!
 釣り糸垂らしたらきっと爆釣間違い無しですね!?(笑)
 平日の真昼間ですが以外と散策する人が・・・歴女・・・でしょうか?
 ガイドブック片手にシングルで歩く若い(?)女性が目立ちます。
 私、歴女を見るのは(きっと)初めてです!
 ですが、いくら「初めて!」って言っても写真を取るなどはエチケットとして止めましょう!
 「平日の真昼間にシングルで・・・」って部分では私も一括りです!(笑)
 私の場合、加えてスーツですからなお更ですね!?
 さて、一通り散策して時間も潰れました!
 指定されたホテルのある瓦町まで移動しましょう!移動手段は・・・琴電です!!ウヒャッホー!!!

 実は香川県の事はちょっと知っていたりします。
 ネタ元は・・・「笑いの文化人講座」って本です!
 香川の事が面白おかしく載っていて、この本を読んで(?)から琴電に乗るのが憧れだったんですよ!
 写真ではホーム左側が今まで散策していた玉藻公園、瓦町までは約6分ですが堪能しましょう!
 瓦町の駅舎って・・・天満屋が入った駅ビルなんだ!?なして??
 地図を頼りに迷い(笑)ながら・・・なんとか指定されたスーパーホテル高松田に到着!ふぅお疲れ様でした!!

 なんだか・・・二段ベッド?どっちで寝たらいいのだろう!?(笑)
 あっ!上を使ったら追加料金を取られたりして!?(笑)
 色々悩みながら今夜の接待に備えましょう!やっと、仕事らしいワードが出て来ましたね!?(笑)
 さて、明日は今回の目的の仕事です。(笑)
 果たして上手くいくのでしょうか?仕事のネタは書けませんが、次回は「出張、復路編」です!
comments(0) | trackbacks(0)
久々の出張!往路編はパノラマ・ヴュー!!
旅行 @ 2014.01.22 Wednesday 06:12
JUGEMテーマ:趣味

 昨年末、課長から「出張だ!」と言われ内心(ヒャッホー!!)!
 「行き先は四国の高松、お前なら日帰りできるだろ!?」と、何やらムチャぶりの前降りでしょうか?
 それでも久々に乗り物に乗れます!さぁはりきってプランを組み立てましょう!!
 ・・・とは行ったものの、年明け早々に引いたカゼがまだ直りません、身体のほうはけっこうシャンとしてきたんですが・・・ノドが痛くてセキが続いて・・・。
 コエなんてガラガラで 葛木ゆき か もんたよしのり ばりです!(笑)
 今回出張としては初めて四国に渡ります、さぁ何で行きましょうか?
 模型部のM君からは「フェリーで船旅もいいですよ!」と提案を受けました、船旅かぁ〜それも悪くないな!って事で船旅も交えたプランを考察しましょう!! 
 あぁ・・・言って置きますがこれは会社の出張で、れっきとした仕事ですよ!!(笑)
 色々と考えた結果(身体の事も考えて)船旅は断念!(宇野港までがメンドかった)
 加えて今回は『広島発500系こだまに乗車するために、浜田駅から朝一番の高速バスに乗る!』も断念・・・。
 冬の山陰をなめては困ります、今回はフツーに行きましょう。
 N700系のぞみとなると・・・何やらテンションはガタ落ちです・・・フツーに自由席であまり面白くも無い岡山までの移動でした・・・(すいません)。
 到着!何度かホームに降りた事はありますが在来線への乗り換えは初めて!下がったテンションはビットコイン並みに右肩上がり!!さぁマリンライナーとご対面です!!!

 これが「快速マリンライナー」ですね!?
 何やらケンプファーかファントムめいた面構えでよろしい!!
 運転席ドアの後ろの大きなマド、あそこが今回オレが乗るパノラマ席です、シートNoは1号車1−A!

 おぉ!急行南風!! 
 あぁ、これに乗って土佐のほうまで行ってみたいなぁ〜、何々?指宿までは4時間以上もかかるのか!?じゃぁグリーン席は必須だな!?(笑)
 あれ?あっちに何やら見慣れた車体がある・・・。

 おぉ!特急やくも!!
 そうか、伯備線だもんなぁ〜!こっちも出雲まで乗せてもらいてぇー!!
 さて、発車時間もせまってきました、マリンライナーに乗り込みましょう。

 ほほー、これがパノラマ席ですか!?
 オレの席は運転手さんのすぐ後ろです、そう言えば・・・「快速」なんですよ!
 何が言いたいかって言うと、山陰線で「快速」って言うと、ただの「ちょっと早い汽車」です、それがグリーン車とは・・・そうです、マリンライナーの「快速」にはグリーン車があるのです!!
 運転席のある1号車は全席指定席!加えて運転席の後ろの4席と2階席はグリーン席なのです、なんたる贅沢!!
 進行方向向かって左側のオレが乗るシートは、前に運転手がいるためか右側のシートよりもちょっと高く作ってあります!
 では、この席に座ってパノラマ・ヴューを担当しましょう!・・・と言っても岡山を出て児島駅まではワリとトンネルで山陰線と代わり映えしませんでしたけど!?(笑)
 パノラマ・ヴューは効力を発揮しませんでしたが、ここは一つ真ん前の運転席を凝視しましょう!
 ガラス越しに見える運転席のモニターや計器類!メカ好きには溜まりませんネッ!?
 運転手さんが色々と操作や指差し確認をしていますが・・・鉄道マニアではない私にはとくはわかりませんが?(笑)

 児島駅では運転手を初めスタッフの交代劇が見られます!
 交替して運転席に入るとキビキビとした動作と声でアチコチ確認!指差し呼称は大切です!!
 さて、いよいよここからパノラマ・ヴューの真骨頂!瀬戸大橋に入ります!!
 写真の先、緩く曲がったレールの先が瀬戸内海です!はりきってどうぞ!!

 眼下に広がる瀬戸内海、洋上に散りばめられた大小様々な島、過ぎ行く舟の軌跡も鮮やかにグリーン車分のパノラマ・ヴューを思いっきり楽しみましょう!!(指定席料金までは会社もちですからね!?)
 瀬戸内海の上を通る時、列車は少し速度を落としてくれます、心憎い演出ですね!! 

 高松駅に到着しました!降りた後に一枚!!
 パノラマシート、まぁ上りと下りでシートを180°廻す必要はあるでしょうが、それに加えてシートが前後に動くとよかったと思いますね!
 足元がちょっと狭かったかな?
 贅沢を言えば窓に向かって座れたらよかったかも・・・と、密かにJRのHPにメールしておきましょう!(笑)
 右の大きな窓がパノラマ席、左の二階建ての2階が指定席+グリーン車です。
 1階は指定席です、ホームにミ〇ス〇ートの女性がいるとちょっとソワソワするのは東北新幹線MAXといっしょですね!?(笑)
 今まで徳島の小松島まで高速を走って行った事はありますが、電車で香川に降りたのは初!感慨深いものがありますね!?

 高松駅は歩いてすぐのところに高松港があったり、高いビルがあったりと色んな街の要素が入り混じったようなところでした。
 さて、現在13:10! ちょっと早く着いてしまいました!!
 では、少しですが観光でもしましょう!(実はこのページがけっこうなサイズになってしまいました)
 重ねて言っておきますが、今回高松までは仕事で来ているのです!(笑)次回は望んでやまなかった市内電車と、ちょっとだけの観光のお話です!!

 
comments(0) | trackbacks(0)
え?護衛艦かよ!
旅行 @ 2005.12.07 Wednesday 08:20
いやいや、多過ぎて・・・
 車の流れに身をまかせ・・・ではないのですが、なんとか呉にたどり着きました!いやいや、こんなに遠いとは思っても見ませんでした。
 土曜日の午後って事もあって駐車場は満杯!やっと車を停めミュージアムを満喫し、今晩の宿へチェック・イン!夜は呉名物「屋台通り」にでも繰り出すかって思いつつ普通の居酒屋へ。
 ここはなんでも養老の滝グループだとか・・・安かったけど、呉らしいかと言われれば「???」かな!でも、まぁヨシとしよう。
 翌、最終日は日曜日って事で海上自衛隊の「護衛艦体験乗艦」に参加すべく、作戦を練る私達・・・
 「朝10時の乗艦は9時40分に案内されるらしい・・・」
 「ミュージアム人気も手伝って大盛況らしい・・・」
 「アレイからすこじまの駐車場は41台分しかないらしい・・・」って事を踏まえて導き出した結論は、
 「9時までには駐車場に入る、そのためには8時過ぎにはホテルを発つべし!」
 ホテルを発ち、颯爽と車を飛ばして・・・10分でアレイからすこじまに着きました、しかもガラガラ! 一気に襲う脱力感と虚空感、呉の風は身にしみたぜい!
 ともあれ9時40分の受け付けまで1時間少々・・・潜水艦眺めたり、あっちからこっちまで歩いてみたり・・・けっこう時間潰しはできるもんです。
 そうしてると5人の女性グループが・・・
 「ねぇ、日の丸揚げてる!今日を祝日と間違えてない?バカじゃないの!!」
 バカはお前らじゃ!!っと心の中で突っ込んでおきました。
 9時40分開門、受け付け開始、パリッとした立ち振る舞いの自衛官の後について繋留桟橋へ、そこには山の様に繋留された艦艇が我々を待っていました。
 真中の桟橋を挟んで左右に計10隻程の艦艇が! 一番奥の「DD106護衛艦さみだれ」に通されて喜んでいると更に桟橋を渡らされて隣の「TV3508練習艦かしま」に・・・「え?護衛艦じゃないの??練習艦なの???」と言っても始まらないので見学です。
 練習艦とはいえ76mm単装速射砲は間近で見ると迫力満点!これにCIWSでも着いてればもっと良かったんだけどなぁ・・・お!隣のさみだれのCIWSがすぐ目の前に見えるじゃぁありませんか!これはこれでラッキーか!!
 ゆっくりと装備を見学し満足して艦を降りました、普段見ることのできない兵装、装備・・・バカにしてごめんなさい、練習艦でも迫力充分でした!
 写真は帰りにトイレを借りた厚生施設からの写真です、この施設の隣には潜水艦の繋留桟橋もあり、通りかかった自衛官に断って潜水艦の写真も撮らせてもらいました。
 戦艦大和、護衛艦、練習艦、自衛隊、今回の旅は軍事色(?)溢れる旅でした。ここで何を感じて何を想うか、それは来た人それぞれの価値観に任せましょう。
 あぁ〜、尾道よかったなぁ、今度は尾道に2泊の予定で来よう! 夜はもちろん「きっ粋」ですな!!
comments(0) | trackbacks(0)
マスコミの方の言う通りでした。
旅行 @ 2005.12.03 Saturday 08:39
94式45口径46cm三連装砲塔!
 さて、前回からの続き!本日は向島に渡ってロケセットの見学です。
 前回は平日に来たので人手もけっこうまばらで楽だったんですが、あちこちの報道で「大盛況です!」って言われているので余裕を持って朝一に渡りました。
 正解!シャトル・バスは朝一番から満杯!しかもこれが見学を終えた人を運んできたバスで、「あんたら何時から来とる?」と言いたい程です。 会場に着いても波のように観光バスが入って来て、津波のように人が押し寄せて来る・・・いやぁ、マスコミの人の言う事もたまには信じてみるもんだ!
 前にも書きましたが、このセットには艦の右舷側の一部と一番砲塔の砲身、戦闘艦橋から上の部分が作られていません、しかしこれだけでも圧倒的な巨大感は体感できます! 前回友人と来た時に話したんですが、我々の世代は大和についてある程度解かっている世代じゃないかと・・・しかし我々より下の世代はここに来て何を感じるだろう?又、家族連れの中の小さい子供は遊具があるわけでもなし、どんな気がするだろう・・・って。
 かつてこの国はアメリカと戦争をしたって事実を最近では教えないって聞きます、昔日本は戦争(侵略)でアジア各国に多大な迷惑をかけていますが私はその真実を知りません、「勝てば官軍」じゃぁありませんが、(侵略)した方は忘れてもされた方は何時までも記憶に留める事でしょう。 それが現在のひずみであり、後の世代にもきっと受け継がれるに違いありません!
 我々はこのセットを見て「すごいなぁ」って思うだけでは無く、それに纏わる事実を受け止め後の世代に繋げなくてはいけない! 私はそう思います。
 ちょっと暗くなりましたね!気分を変えましょう。 セットの艦上には前回訪れた時よりも説明の紙が増えていました。 又、「圭ちゃん食堂」ではなんと尾道ラーメンがメニューに加わっているじゃぁないですか! シャトル・バスの運ちゃんもインカム付けて何やらガイドまがいな事やってるし、一ヶ月の間にいったい何があったんだろう?それとも週末だからか?? 
 今回も、どこで覚えた知識なんだか?チンプンカンプンな説明をしている人がけっこういました!いや、案外彼らの言葉が歴史の真実かも知れない(笑)と思い込みつつ向島を後に・・・。
 尾道の〆はやはり尾道ラーメンって事で一軒の店に! 若い店員さんで活気はあるんですが・・・ラーメンがさっぱりしすぎてなんだか美味しくない・・・。
 好きな人には好きな味なんでしょうが・・・昨日の味がまだ残っているので、オレ達にはちょっと物足りない、チャーシューもバサバサで・・・まぁいいか!
 そして尾道を後にし、呉に向かうわけです! が、国道で行くと遠いのってなんの!けっこう厳しかったぞい!!
comments(1) | trackbacks(0)
あぁ、憧れの!
旅行 @ 2005.12.02 Friday 08:38
まったり ゆったり
 遂にこの時が! 思えば今まで何度足を運ぼうかと思いつつも断念してきた事だろう・・・。しかし、私は今確かに尾道の土を踏んでいる!
 いや、何もこんなに力むこっちゃないんですけど・・・。前回は友人と大和のロケセットを見に来ただけでしたので、事実上は初めての尾道です!
 当日は午後1時頃に到着したんですが、何をするにも車を置かなければならない・・・ホテルに無理を言って早めのチェック・インをさせてもらいました。 その後は先ず尾道ラーメン!名の知れた店はどこも長蛇の列、行列してまで食べる気はしなかったので、空いてる店を物色!あった!!出てきたラーメンを一口・・・ウマイ!麺は杵付き麺だそうです、初めは「ちょっと伸びてんのかな?」って思えた食感が、次第に「そうじゃない!」と主張してくるような奥深さを感じつつ吸い込んだスープもあっさりとした中に程よい脂けとコク、チャーシューもジューシーでした!
 お腹が一杯になれば次は尾道巡り、まぁ世間様的に千光寺から文学の小道をゆったりと下りました、写真は千光寺公園から写した向島です。 中央(見えるかな)にそびえるクレーン群の中に大和のセットがあります。 造られてない艦尾側をこちらに向けているので、知らない人はどこに大和があるのか見えないようです。
 他の人が1時間もかけない道のりを私達は2時間以上かけながら、下る途中でいろんな所に顔を突っ込み・・・でもその都度おもしろい発見はあるもので、退屈って言葉は無縁でした。
 尾道名物の坂やネコを味わいつつ2号線まで降りたら次は商店街巡り! 私、旅行した先の人達の暮らしを体験するのが好きなんです!この土地の人達がどんな所で暮らし、どんな物を食べ、どんな一日を過ごしながら生活しているのか、商店街はそれを知る最高のスポットだと思っているんで、旅先では必ずと言っていい程商店街を探して立ち寄っています。
 夜は以前から決めていた居酒屋へ、その日に揚がった地の魚と地酒を大将との会話をからめて頂く・・・うぅ〜ん至福に時でした!お店の名前書いちゃっていいのかな?「きっ粋」ってお店で尾道郵便局の向かい側にあります!尾道の美味い魚と品数溢れた日本酒と焼酎、そして粋で陽気な大将!尾道を訪れた時はぜひ御立ち寄りを!!
 お店を出て商店街を又一巡り、駅前の海浜公園でライト・アップされたクレーンを見ながら一休み、本当はどこかのバーで一杯やりたかったんですが、明日のためにホテルに帰投! さぁ、明日は大和(2回目)だ!!
comments(0) | trackbacks(0)
永久の平和を祈り・・・
旅行 @ 2005.11.30 Wednesday 13:20
あぁ、漢の艦が逝く!
 長らく留守にしました!まだ首筋は痛むんですがそろそろ投稿しとかないと忘れ去られそうで・・・。
 2泊3日で尾道〜呉「大和鎮魂の旅」に行って来ました。 写真は大和ミュージアム内の1/10大和です。 
 ここに寄ったのがちょうど土曜日って事もあり、ミュージアムはおろか隣接するイ○ミの駐車場も満杯!しかし穴場ってあるもので、イ○ミの裏手のボート○ア呉の立体はけっこうな余裕!ボート開催日はウンが良ければ駐車料無料と言うオマケ付き、しかしエレベーターから降りたそこは・・・ある意味戦場でした。
 館内にはこの大和の他にも呉で造られた戦艦、駆逐艦、空母、艦載機の模型等もあって、「造船の街 呉」の歴史を語る資料館としても楽しめます。 フランスの潜水調査チームが撮影した、海底に眠る大和のビデオ上映なんかもあり、ゆっくり回ればたちまち一日が過ぎて行きます、私はビデオ内で大和艦首の菊花紋が映し出された瞬間、熱いものが込み上げ思わず目頭を押さえてしまう程でした。
 他にも各種砲弾や回天、零戦等は実物が展示してあります! 零戦は(おそらくは)国内で唯一の実物展示、実際に使用された回天の潜望鏡(覗く事が出来ます)と合わせて感慨無量!! こうやって書くとまるで○○だなぁ〜。
 写真はちょうど喫水のあたりに手すりが重なってしまってますね! 時間が経つと後ろの窓のカーテンが上がって行き、夕日を背にしてシルエットで浮かび上がる大和に見惚れてしまう程でした。
 屋外正面には戦艦陸奥の主砲筒やスクリュー等が展示してあります、又海に面した公園は大和の艦首を模した創りになっているんですが・・・できればもう少し手の込んだ創りにしてほしかったなぁ〜。
 沖合いに停泊している護衛艦等を見ていると、「・・・やはり軍港なんだ・・・」ってしみじみと思います、・・・乗りてぇ〜。
 館内、館外の人ごみの中からは、戦争や大鑑巨砲主義、軍事大国日本に対する賛否両論の声が聞こえてきます、しかしここにくればその時の技術がどれだけ後の復興を支えたか、現在の技術大国日本の礎になったかがわかります。
 私は戦争を美化させようとは思いませんが、物造りの一翼を担う者として「これだけの技術を持っていた、作り上げた」と言う事実は誇りにしてもいいんじゃないかと思います。
 ちょっと話が前後するんですが、前日は尾道で一泊して楽しんでるんですよ!尾道は一度訪れてみたかった土地でもあり、向島には大和の映画ロケ・セットもあって、もぅチョー感激!でした。
 今回の大和鎮魂の旅、「尾道編」と「呉 護衛艦かよ!編」は又次回って事で・・・。
 
comments(0) | trackbacks(0)